無常と有常

 常無しと書いて無常という言葉と、常有と書いて有常という言葉があります。反対のことを言っている言葉に見えますが、どちらも同じような意味になります。本来は有常ということが自然世界の有り様を示した言葉であったようです。常に変わりゆくことが自然世界の理として有るということが有常という言葉で、その有常ということを分かり易く伝えるために、釈尊は無常という言葉で人々に話をされたとお経の中に書かれています。下記に二つの無常の視点から書いた文章と、有常の視点から書いた文章とどちらが受け取り易いでしょうか?


【無常】この世の中に常に変わらずに有るものはひとつも無く、それは人が整備して運用している電波の回線も同じことではないでしょうか。


【有常】この世の中の全てのものは常に変わってゆく性質が有り、それは人が整備して運用している電波の回線も同じことではないでしょうか。


 個人的にも無常視点から書いた文章のほうが分かり易い気がします。しかしながら、自然世界の理として有常ということがあり、それを分かり易く伝えるために無常ということを釈尊がおっしゃられたということを、こころの隅にとどめておいてください。無常という言葉だけでは見えてこない世界があるのだと思います。

 前述した二つの文章については、先日起きました電波障害のことを書いたわけですが、人も地球上の全ての命と同じで、決して自然世界から離れた存在では無く、またそこから離れて存在することもあり得ないことでしょう。資本主義経済の中で暮らすうちに、人と人が暮らす営みの中で、お金の対価として、サービスが提供されて当たり前という考えに捉われてしまい、私も含め多くの人が真の体験としてそのことに気づけずにいるということがあるのではないでしょうか。

 真の体験の具体的な内容は、人も人が作りだしたと思われるものも、有常の存在であるということに気づくか気づかないかということである気がします。


 例の如く最後に、この記事を読まれた方で万が一でも心に響いて、なるほど素晴らしいと思われた方がいたとしても、一旦立ち止まって考え、ひとつの解釈に捉われず、日々の生活の体験を通して修行していってください。

 最後までお読みいただきありがとうございました。 



閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

六月も中頃を過ぎ随分熱い日も増えてまいりました。今回は大分時がたちましたが、涅槃会にちなんで話を書きたいと思います。 2月3月は宗派にもよりますが、お釈迦さんの亡くなられた命日3月15日(旧暦の2月15日)にちなみ涅槃会のお参りが各寺にて行われる時期です。その際に金沢のほうでは色鮮やかな涅槃団子が撒かれます。持ち帰った団子は乾燥させて御守にする場合や、焼いたりバターで炒めたり、ご飯と一緒に炊いたり

【十句観音経】 観世音。南無仏。(かんぜおん。なむぶつ。) 与仏有因。与仏有縁。(よぶつういん。よぶつうえん。) 仏法僧縁。常楽我浄。(ぶっぽうそうえん。じょうらくがじょう。) 朝念観世音。暮念観世音。(ちょうねんかんぜおん。ぼねんかんぜおん) 念念従心起。念念不離心。 (ねんねんじゅうしんき。ねんねんふりしん) 観世音菩薩に帰依します。我々は仏と因縁でつながっています。三宝の縁によって、「常楽我

ほとけは帝釈天に次のように説かれた。 「カーウシカよ、この般若波羅蜜は、男にもせよ女にもせよ、心のまだ目覚めておらない者のために、よく正しく解き明かされねばならない。なぜならば、カーウシカよ、未来の世においては、えせの般若波羅蜜が説かれることもあるであろう。男にもせよ女にもせよ、心のまだ見ざめていない者が、この上ない完全な心の目覚めに至ろうとして、このえせの般若波羅蜜を聞くようなことがあれば、かれ